優光泉でファスティングダイエット♪卵を食べる時のポイントとは

優光泉でファスティングダイエット♪卵を食べる時のポイントとは

 

 

「卵や肉をたくさん食べると、コレステロールは大丈夫なのかなぁ?!」

 

 

「卵を食べるとコレステロールが増えるから、
健康のためには、1日1個以内にした方がいいよね?!」

 

 

あなたはこんな風に、卵を沢山食べることを避けていませんか?!

 

 

厚生労働省の2015年、日本人の食事摂取基準では、
コレステロールの基準が撤廃されました。

 

 

また、動脈硬化学会も
「食事で体内のコレステロール値は変わらない」
と声明を発表しています。

 

 

コレステロールは、体内の細胞の修復に欠かせない存在で、
日々新鮮なものを供給する必要があり、コレステロール値が
低すぎるほうがむしろ問題なのです。

 

 

17万人を対象に、コレステロール値の調査をしました。

 

 

そうしたところ、総コレステロール値が高い人のほうが死亡率は低く、
ガンや感染症にもかかりにくいという研究結果が出ました。

 

 

男女ともにコレステロール値160未満が、
一番死亡率が高かったという結果が出たそうです。

 

 

逆にコレステロール値が200以上を超えている女性の死亡率は、
基準と比べてほとんど差はなく男性はむしろ死亡率が低下しました。

 

 

いくら卵を食べてもコレステロールは増えない

 

 

日本人は卵が好きな人が多いようです。

 

 

総務省の家計調査によると、2007年の一世帯あたりの
年間購入量は31.1Kg、これは約536個分に相当します。

 

 

一世帯の人数は3.14人ですから、一人あたり約171個。

 

 

しかし、卵が大好きという人でも、
卵を食べすぎるとコレステロールが増えるので、
卵は1日1個まで!と決めている人が多いようです。

 

 

卵は肉と同じように、食べすぎは健康をおびやかすと
信じられていますが、これはとんでもない誤解なのです。

 

 

卵が敬遠されるようになったのはなぜでしょうか?!

 

 

実はコレステロールが、悪者のようにいわれるようになったのは、
100年近く前に、ロシアの病理学者ニコライ・ア二チコワによって
行われた、科学的意味の乏しい実験結果からでした。

 

 

それは次のような内容でした。

 

 

ウサギにコレステロールをあたえたところ、
大動脈にコレステロールが付着して、動脈硬化になったとから、
コレステロールは動脈硬化の原因であるとされてしまったのです。

 

 

ですので、卵などコレステロールが多い食品は、
食べないほうがいいということになりました。

 

 

しかし、ウサギは草食動物ですから、
普段はコレステロールなど全く摂取していません。

 

 

そのウサギにコレステロール与えれば、
コレステロール値が急上昇するのは当たり前の話です。

 

 

これに対して人間は、肉などを食べることでコレステロールを
普段から摂取しており、その量に応じて体内で構成する量を調節し
コレステロール値を一定に保つ仕組みが備わっています。

 

 

ですので、ウサギの実験がそのまま当てはまるわけがありません。

 

 

健康な人の血液の中には、
卵530個分ものコレステロールが含まれています。

 

 

これだけたくさんのコレステロールが血液中にあるのは、
食品から摂取するだけでは足りないため、肝臓が作って
血液中にせっせと送り出しているからです。

 

 

血液中のコレステロールは、その8割が肝臓で合成されたものです。

 

 

食べ物から得られるのはたった2割にすぎません。

 

 

そこへ、例えば一日に卵5個分のコレステロールが、
増えたとしても、たいした影響は受けないのです。

 

 

それに、日本でも30年ほど前に、
一日10個の卵を食べる実験が行われましたが、
血液のコレステロール値はほぼ変化しませんでした。

 

 

卵はコレステロールが多いから、一日に1個以内、
という常識が、いかに間違っているかがわかると思います。

 

 

それどころか最近では、卵には悪玉コレステロールを
減らす動きがあることもわかってきました。

 

 

コレステロールは決して体に悪くない

 

 

コレステロールは脂質の一種である遊離脂肪酸で、
細胞膜や胆汁酸、各種ホルモンなどの原料となります。

 

 

血液中だけでなく、脳や脊髄、肝臓など体に広く行き渡って、
私たちの生命を維持するのに欠かすことができません。

 

 

ですから健康のためには、
むしろコレステロールはどんどん摂ったほうがいいのです。

 

 

卵は、良質なタンパク質が豊富で、必須アミノ酸を全て含んでいます。

 

 

タンパク質に関しては、卵は完全食といえるでしょう。

 

 

とくに、肝臓がアルコールを解毒するときに必要な
メチオニンという必須アミノ酸が豊富なので、
アルコールを飲むときに卵料理を一緒に食べるようにすると、
肝臓の負担も軽くなります。

 

 

また、卵は遺伝子の原料である核酸を豊富に含んでいます。

 

 

核酸を十分に摂っていると、新陳代謝で細胞が入れ替わるとき
しっかりした遺伝子をつくることができます。

 

 

そのため遺伝子が突然変異を起こすことも少なく、
老化やガンの予防に役立つのです。

 

 

タラコなどの魚卵や白子にも核酸はたくさん含まれています。

 

 

さらに、脳細胞の活性化に欠かせない、
コリンという物質も多く含まれており、認知症の予防や改善、
学習能力の向上にも効果があるといわれています。

 

 

高コレステロールは、そもそも病気ではありません。

 

 

したがって、コレステロール値を気にして食事制限をしたり、
高齢者であっても治療したりする必要性はなかったのです。

 

 

こうしたことは、諸外国ではすでに常識とされていました。

 

 

卵料理のレパートリーを増やそう

 

 

老いも若きも卵はいくら食べても構わないのです。

 

 

むしろ一日に5個でも10個でも、食べられるだけ食べていいのです。

 

 

そんなに食べたら、胸やけがするのでは?!
と思う人もいるでしょうが、例えば出し巻き卵などは、
5個から6個の卵を使っています。

 

 

しかし、それを一本食べたからといって、
胸焼けを起こす人は居ないでしょう。

 

 

卵は糖質をほとんど含まず、栄養的にとても素晴らしい食品です。

 

 

しかも肉や魚に比べれば安く、
取り扱いが便利で、どんな料理にも応用できます。

 

 

私がオススメしている優光泉でのファスティングダイエットは、
優光泉でファスティングダイエットをしたその後の食事では、
肉・魚・卵・豆類・乳製品を中心に食べるという方法です。

 

 

今までは、コレステロールを気にして、卵は1日1個まで!と
決めている人も居たと思いますが、肥満の原因は炭水化物ですので、
これからは、卵を安心してたくさん食べましょう。

 

 

優光泉でのファスティングダイエットを成功させるポイントは、
小腹が空いた時に、卵をおやつ代わりに食べることです。

 

 

例えば、ゆで卵を多めに作っておき、
良く噛んで食べると、甘いおやつを食べることを防ぐ事が出来ます。

 

 

これからは、卵を上手にお料理に活用して、
レパートリーを増やしながら、楽しく続けて行きましょう。

 

 

ファスティングダイエットに必要な「優光泉」はこちらから

 

 

ダイエットして脂肪を落とすために運動を日課にしているという人は

 

ダイエットして脂肪を落とすために運動を日課にしているという人は、飲み続けるだけで脂肪燃焼を促し、運動効率を大きくアップしてくれるということでブームになっているダイエット茶の利用を検討してみてください。

 

「運動はやりたくないけど筋肉を増やしたい」、「トレーニングなしで筋肉を身につけたい」、かくのごとき虫のいい希望を現実的に叶えてくれるとして評判になっているのが、ベルト型を主としたEMSマシンです。

 

ダイエットするにあたって外せないのは、脂肪を削減することにプラスして、同じ時期にEMSマシーンを利用して筋力を増強したり、代謝を促すことではないでしょうか?

 

話題の酵素ダイエットなら一食を置き換えるだけでOKなので、栄養が足りなくなる心配もほとんどありませんし、安定した状態でファスティングができるので、非常に効果的な方法だと言っていいでしょう。

 

「カロリーカットや日頃の運動だけでは、思うように体重を落とせない」と困ってしまったというような方に用いていただきたいのが、脂肪燃焼などに効果のある年々シェアを伸ばしているダイエットサプリです。

 

ダイエット成功の要は、長く続けられるということに違いありませんが、スムージーダイエットだったら朝食代わりにスムージーを飲むだけなので、比較的心身への負担が少ない状態で継続できます。

 

人気急上昇中の酵素ダイエットでファスティングをするならば、使われている成分や各々の値段を事前に比べてから、どの酵素ドリンクを選択するか決定しなくては失敗します。

 

代謝力が低下して、若い時分よりウエイトが落ちにくくなっている30代以降の方は、ジムでトレーニングする一方、基礎代謝機能を強化するダイエット方法が一番です。

 

ヘルシーなチアシードを活用した置き換えダイエットもさることながら、栄養価の高い酵素ドリンク、初心者におすすめのウォーキング、自宅でも行えるエクササイズ、難しい知識のいらない糖質制限など、有名なダイエット方法と申しますのは数多くあって迷ってしまうところです。

 

ジムに通い詰めるという行為は、仕事などで忙しい人には難題だろうと思いますが、ダイエットをやるのなら、絶対体重を落とすための運動に取り組まなくてはいけないのです。

 

乳幼児用のミルクにも多く含有されている鉄結合性糖タンパクのラクトフェリンは、栄養バランスに秀でているという長所のほか、体脂肪を効率よく燃やす作用があり、毎日飲むとダイエットにつながると考えられます。

 

出産した後に体型が元に戻らず悩んでいる女性は決して少なくなく、そんなわけで手間も時間もほとんどかからなくて、簡単・便利に置き換えることが可能な酵素ダイエットはかなり評判となっています。

 

体重を落としたいという思いを抱えた女性の心強いサポーターになってくれるのが、ローカロリーなのに簡単に満腹感を体感することができる画期的なダイエット食品です。

 

体についた脂肪を減らしながら筋肉量を増加させる手法で、姿形が美しい引き締まった曲線美を手に入れられるのが、人気のプロテインダイエットなのです。

 

「脂肪を燃やしやすくしてくれるためダイエットに有用」と支持されているラクトフェリンは、ヨーグルトや脱脂粉乳などの乳製品に存在する糖タンパク質です。